ブライダル・ホテル・飲食店求人 転職サイト HAPPY CAREER

MENU

STAFF BLOGスタッフブログ

ウェディングドレス・美容職の転職成功レポート / 2021年08月30日

ウェディングドレスコーディネーターの転職|求人探しはハッピーキャリア

結婚式で着用するウェディングドレスをコーディネートし、当日もドレスを着るサポートを行うウェディングドレスコーディネーター。ドレスに囲まれた環境で仕事をするため夢のある華やかな職種のイメージがあります。

もちろん、花嫁を輝かせるサポートができるという意味ではとてもやりがいのある仕事です。しかし、経験者にしか分からないつらさもあるでしょう。

今回は転職を考えている方に向けて、働く場所や役立つ資格などをご紹介します。

 

ウェディングドレスコーディネーターの転職理由

ウェディングドレスコーディネーターの経験者が仕事を辞めたいと思う理由はさまざまです。たとえば、ノルマがある職場で働いていると楽しいはずの仕事に嫌気がさしてしまう可能性もあります。月給が見合っていないと感じることも転職理由の一つです。

基本的にはシフト勤務のショップが多いため、周りの人と休みが合わないというつらさを感じる人もいるでしょう。繁忙期の残業がつらい、女性が多い職場ならではの人間関係のトラブルで困っているといった理由も考えられます。

 

もしも、仕事を辞めたいと思うほどつらいときは他の職場を探すことをおすすめします。ウェディングドレスコーディネーターはドレスだけでなく結婚式全般の知識を持っているため、経験者は有利に転職できるかもしれません。

 

ウェディングドレスコーディネーターが働く場所

ウェディングドレスコーディネーターが働く場所はさまざまです。同じ職種でも働く場所を変えることで悩みを解決できる可能性があります。転職する場合は幅広い選択肢のなかから職場を選びましょう。

 

①街中にある路面店

街中には数多くのドレスショップがあります。特に都心部に多く、歩いているときに見かけたことがある方もいるでしょう。

 

路面店のドレスショップはいくつかの結婚式場と提携しています。そして、式場からの要望に応じてドレスなどの衣装を提供します。

路面店のウェディングドレスコーディネーターは提携先の結婚式場の特徴を把握しておかなければいけません。各結婚式場に映える最適なドレスを提案するスキルが必要です。

 

②結婚式場の中にある衣装室

多くの結婚式場には衣装室があり、ウェディングドレスコーディネーターは衣装室でも働くことができます。勤務先の会場で結婚式を挙げる新郎新婦を衣装選びの面から直接サポートします。

 

そのため、式場の雰囲気や相性のいいドレスの特徴などを誰よりも熟知しておかなければいけません。転職後は、式場の造りやドレスの見え方などをじっくりと研究することが大切です。

式場スタッフの一員として働くため、ドレス以外のことを尋ねられる可能性もあります。

 

ウェディングドレスコーディネーターの仕事に役立つ資格

ウェディングドレスコーディネーターになるために、必ず取得すべき資格はありません。しかし、より条件のいい企業に転職したい場合は資格を取得しても損はないでしょう。場合によっては有利にはたらくことがあるため、時間がある方は勉強することをおすすめします。

 

具体的には、ブライダルコーディネート技能検定やジュエリーコーディネーター検定、着付師や色彩検定といった資格が役立ちます。花嫁一人ひとりに合う衣装を選ぶためにはパーソナカラー検定なども活かせるでしょう。

 

希望の企業に転職するために必要なこと

いくら経験があって転職に有利な経験者でも、希望する企業に入社するためにはできる限り努力することが大切です。ここからは希望の企業に転職するために必要なことを3つご紹介します。

 

転職を希望する企業のドレスについて知る

ウェディングドレスコーディネーターは、主にドレスを扱う仕事です。そのため、面接では当然ドレスのことを聞かれます。企業によっては面接官をお客様に見立てて実際にドレスを提案するという面接が実施されます。

 

したがって、転職先のドレスのリサーチは絶対にやっておくべき作業です。カタログや結婚情報誌を見る、ホームページを確認するなどの方法で必ず情報を調べておきましょう。

実技面接に備えて友人にドレスを提案する、といった練習を行うこともおすすめです。

 

美しい所作や言葉遣いを意識する

ドレスショップや衣装室は、多くの花嫁にとって憧れの場所です。結婚式準備のなかでも、比較的早い段階から訪れる場所であるため、特別感を演出する空間作りが非常に大切です。

綺麗なドレスやジュエリーが並ぶ非日常的な空間を損なわないように、コーディネーターにも美しさが求められます。

 

面接の段階から美しい所作や言葉遣いを意識してください。ヘアスタイルやメイクを整えるスーツを正しく身に付けるといった意識も大切です。

 

提案力を磨く

ウェディングドレスコーディネーターは、お客様に衣装の魅力を伝える必要があります。そのため、高い提案力が欠かせません。コーディネーターとしての経験を活かして面接では自らの魅力を面接官に伝えましょう。

 

ウェディングドレスコーディネーターの求人探しはハッピーキャリア

ウェディングドレスコーディネーターとして転職を希望する方はハッピーキャリアで求人を探しましょう。ハッピーキャリアにはウェディングプランナーだけでなくドレス職の求人も数多く掲載されています。勤務地や月給、雇用形態で絞り込みながら魅力的な求人を見つけてください。

記事のカテゴリー

0