ブライダル求人・ウェディング求人・結婚式求人・ホテル求人はハッピーキャリアへ!

0

キープ
リスト

STAFF BLOGスタッフブログ

ドレス職の転職をお考えの方へ / 2021年08月30日

ブライダルのドレスコーディネーターの年収は?

ドレスコーディネーターは、結婚式やパーティなどで、お客様の衣装をトータルコーディネートするお仕事です。

 

新郎新婦のご要望や好みに耳を傾けつつ、挙式のスタイルや会場とのバランスなどを考慮しながら、プロとしての視点から最適な提案をし、素晴らしい一日を目指します。

 

お客様の人生の門出をサポートできるやりがいのある仕事ですが、結婚式場や経験・スキルによって給与が異なるケースも多く「どれくらいの年収が稼げるの?」と気になる人もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ドレスコーディネーターの平均年収をはじめ、仕事内容や転職事情についてお話しします。これからドレスコーディネーターへの転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ドレスコーディネーターの平均年収

 

令和元年度の『民間給与実態統計調査』では、全職種を含めた平均年収は436万円とされています。

 

これに対してドレスコーディネーターの平均年収は、280万~305万円ほどとされており、月給に換算すると20~24万円ほどになります。ドレスコーディネーターの年収は、ほかの職種と比べて低い傾向があるといえます。

 

しかし、ブライダル業界の経験者や、チーフ・マネージャーといった役職に就く場合は、転職によって収入アップを図ることも可能です。

 

また、勤め先によっては年に2回の賞与の支給をしていたり、インセンティブ制度を設けていたりするケースもあり、通常の年収にプラスの収入を得られる場合もあります。収入アップを目的に転職を検討している方は、月給だけでなく賞与や報酬制度などもチェックしておくことが重要です。

 

ドレスコーディネーターの仕事内容

ドレスコーディネーターの仕事は、お客様の要望や好みにヒアリングし、予算や式のスタイルなどに合った衣装を提案することです。具体的な仕事内容には、以下が挙げられます。

 

▼ドレスコーディネーターの仕事内容

  • 新郎新婦・ご家族様の衣装の提案
  • アクセサリ―の提案
  • 新郎新婦のヘアスタイリング・メイク
  • パンプスやパニエの準備
  • ブーケのコーディネート
  • 試着の案内
  • 結婚式当日の衣装の用意・着替えのフォロー

 

このように、ドレスコーディネーターの仕事は多岐に渡ります。お客様の一大イベントに携われるというやりがいがある一方で、お客様に合った衣装を選ぶには幅広い知識やセンスが求められるという厳しさもあります。

 

また、お客様の意向を尊重しつつ、より素敵なコーディネートになるよう提案するためには、協調性やお客様への配慮も欠かせません。

 

ドレスコーディネーターに有利な資格

ドレスコーディネーターになるために、特別な資格は必要ありません。しかし、衣装に関する深い知識を習得し、スペシャリストとしてスキルアップを図るためには、資格の取得が有利です。キャリアアップのためにドレスコーディネーターに転職を検討している方は、資格の取得も検討してみましょう。

 

ブライダルコーディネート技能検定(BIA)

ブライダルコーディネート技能検定(BIA)とは、ブライダルに関する知識や実務に関する能力を証明するための国家資格です。

 

この資格を取得することで、お客様に対する適切なアドバイス、ご希望に沿うプランニングなどを行い、ニーズに合わせた質の高いサービスを提供できます。サービス品質の向上やお客様からの信頼獲得につながるほか、ブライダル業界全般の転職に有利に働きます。

WBJ認定ドレスコーディネーター

WBJ認定ドレスコーディネーターとは、和装・洋装に関する専門知識をはじめ、トータルコーディネートのための美容や生花の知識まで網羅していることを証明する資格です。ドレスコーディネーターとしてお仕事するためにとても有利な資格となります。

 

なお、WBJ認定ドレスコーディネーターの資格を取得すると、国家資格の「WBW認定ウエディングスペシャリスト(CWS)」を取得することが可能です。

 

上記のほかにも、色彩検定やジュエリーコーディネーター検定など、実務に活かせる資格はたくさんあります。自身のスキルアップやキャリアアップに向けて、資格を積極的に取得してみてはいかがでしょうか。

 

ドレスコーディネーター経験者が転職に有利な理由

ドレスコーディネーターは、衣装に関する知識やセンスが求められるほか、式のスタイルや予算、お客様の要望などをバランスよく考えるスキルが求められます。

 

また、お客様への接客やフィッティング、衣装の手配などの業務も発生するため、経験者だからこそできる気遣いやコミュニケーション能力、効率的な事務処理のスキルが必要とされます。こうした知識やスキルを持つ経験者は、ブライダル人材としての需要が高く、転職にも有利に働きます。

 

ドレスコーディネーターの実務経験のある方は、転職によって自身の視野を広げたり、キャリアアップで収入アップを図ったりできるチャンスかもしれません。

 

まとめ

ドレスコーディネーターは、新郎新婦の衣装コーディネートからアクセサリ選び、メイクアップまで手掛ける事が多く、広範囲に渡る知識やスキルが必要になる仕事です。

 

結婚式という重大なシーンを担う責任の重さもありますが、新郎新婦がより輝けるようサポートできる仕事は、ドレスコーディネーターならではの魅力です。業界内での転職や、ドレスコーディネーターとしてキャリアアップを図りたい方は、これまでの経験を強みに積極的に転職活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

記事のカテゴリー

HAPPY CAREER

LINE呼応式アカウント