STAFF BLOGスタッフブログ

その他 / 2018年03月12日

【プランナー新卒採用就職】はブライダル業界的に内定が本気で難しい。なぜ?

ブライダル業界専門の中途採用転職求人サイト・ウェディングワークスです。今日はブライダル業界内でも大人気職種、ウェディングプランナー求人の新卒採用の合否について、結婚式場の新卒採用合否判断基準も踏まえてお伝えいたします。

 

ウェディングプランナーに憧れている方は、かなり多いのではないでしょうか?家族や友達の結婚式に出席して、かっこよく働いてるウェディングプランナーを見て、「私もプランナーやりたい!」と決意して、私たちのようなブライダル専門の紹介会社に相談に来られる方が、年間を通じて多数お越しになります。

 

しかし、そんな熱い気持ちをもった方でも、夢のウェディングプランナーとして新卒として就職できる方は、かなり低い結果が現実でもあります。

 

ではなぜ、そんなに採用率が低いのか??ということも踏まえて、今からウェディングプランナー就職に向けた相談のプロがご説明させていただきます。

新卒の応募エントリー数が半端ない!

毎年毎年、他業界と同様に、結婚式場やゲストハウスには、4月になれば新入社員が勤務を開始します。大体の目安として、1チャペル2バンケット程度の結婚式場では、大体3名程度の新人プランナーが誕生するわけですが。

驚くべきは、この3名の採用枠に対して、大手新卒サイトよりエントリーする大学生の数はなんと、書類審査だけで、少なくても1500以上。

これはその式場が大人気だから!とかは関係なく、ゼクシィに掲載されているある程度の規模の結婚式場であれば、上記の人数くらいのエントリーは実際動いている現状です。

新卒ですら、採用倍率はなんと、500倍!となるわけです。

 

大学卒とブライダル専門学校卒とどっちが有利??

 

はっきり言って、大学卒が完全に有利!!!えっ、ブライダルのことを学んだ専門学校生の方が断然有利なのでは??と思われる方は多いと思いますが、そこは残念ながら大卒有利の状況となります。

 

その理由は、学歴でもなんでもなく、「年齢」となります。大卒時の年齢は、22歳、専門卒時の年齢は20歳。たかがこの2歳の違いですが、プランナー業務を行うに当たっては、年齢少しでも上の方が高いと言われています。

 

なぜ?大学卒が有利か??

 

ウェディングプランナーとして、第一線で活躍できる年齢は、24歳~28歳と言われています。なぜならば、やはり若すぎると、新婦さまへの第一印象が悪かったり、20歳のプランナーさんが担当だとご不安に感じる新郎新婦さまもいらっしゃるからです。

いかがですか?逆に新郎新婦さまのお立場になった時に、20歳、21歳のプランナーさんが担当だと同じように思われるのではないでしょうか?

 

というわけで、22歳の大卒の方であれば、あと1年程研修を重ねれれば、即戦力としてウェディングプランナーとして勤務していただけるので、大卒有利の状況になってるようです。

 

ブライダルの専門学校に今、在籍されている方には少し残念なレポートとなりましたが、ご安心ください。専門卒の新卒採用がゼロというわけではありません。専門学校卒でも採用される方の共通点をこれからお話しますので、ぜひご参考ください。

 

頑張れ!ブライダル専門学校生!!!!

 

大学卒の方と比べて、2年間みっちりとブライダルのことを勉強してきた専門学校生にも確実にチャンスはあります。よく専門学校卒の方で新卒採用された方の共通点を今からお話させていただきます。

専門学校時代に、ブライダル会場でアルバイトをした人。です。逆に、ブライダルの専門学校で、授業の一環以外でブライダル業界でアルバイトを全く行っていない方の採用率はほとんどゼロに近いです。ブライダルの専門学校中に、「どうせプランナーとして就職するんだから、今はゆっくりしておこう!」とお考えの方は、必ず、ブライダル業界で、学校からのインターン以外で、アルバイトされることをオススメいたします。先輩プランナーさんの中には、専門学校時代の結婚式場で、学生アルバイト中に、結婚式場の社員さんに気にいて貰って、そのまま就職をゲットした方も珍しくありません。

 

まとめ

 

新卒でのウェディングプランナー就職は本当に狭き門ではありますが、途中で諦めずに、ぜひこのブライダル業界の仲間入りを果たしてくださいね。想像以上のブライダル人としての人生が待っています。ぜひ頑張ってください!!!

 

大阪神戸奈良京都のウェディングに特化した専門求人サイトはウェディングワークス ⇧

 

 

記事のカテゴリー

WEDDING WORKS(ウェディングワークス)

LINE@