0

キープ
リスト

STAFF BLOGスタッフブログ

介護系転職・アルバイト / 2015年03月04日

【介護職業界NEWS】ケアマネージャーら介護職への給付金が参議院本会議で可決

↑ホームヘルパー・介護・ケアワーカーなど介護職求人多数「HAPPYCAREER NEXT」↑
大阪市内・北摂・泉南・東大阪・京都市右京区・中京区などエリア拡大中

 

 介護職員へ慰労金支給が決定

 

2020年6月12日、新型コロナウイルス対策の今年度の第2次補正予算が参議院本会議で可決され、成立しました。

そこには、介護、障害福祉の現場を支えている職員に対し、「慰労金」という名目で新たに給付金を出すことも盛り込まれていました。

 

慰労金について簡単にまとめると、感染者が発生したり、利用者が濃厚接触者となった施設では1人20万円、そうでない場合は1人5万円が支給されます。

 

対象となる施設・職種に制限はあるのか?

 

給付対象となるのは、全介護サービスを対象とする方針であり、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅なども除外しないとのこと。

 

注目するべきは現場で働く人なら、正規職員か非正規職員は問わないという点です。

 

日頃から利用者と接する現場で働いていれば、ケアマネージャー、リハ職、事務職など皆が受け取れるようにするようです。、

 

対象外とする職員として俎上に載せているのは、現場から遠く利用者と全く接しない法人本部のオフィスに勤務する人などです。

 

支給方法は?

社会保障審議会の分科会で担当者が、「基本的には事業所を経由してお配りする。そういう方向で今、検討を進めている」と説明しました。

 

事業所が都道府県に申請する形を想定しているが、細部はなお検討中だと説明しています。

 

このほか、派遣労働者や業務受託者の労働者も対象に含まれること、給付金が非課税所得に該当することなども明記されています。

 

 

 

↑ホームヘルパー・介護・ケアワーカーなど介護職求人多数「HAPPYCAREER NEXT」↑
大阪市内・北摂・泉南・東大阪・京都市右京区・中京区などエリア拡大中

 

《関連ブログ》


【大阪・京都エリア介護福祉求人一覧】介護未経験の方から介護福祉士の方まで幅広くご活躍いただけるお仕事を多数ご用意しています!

記事のカテゴリー

HAPPY CAREER

LINE呼応式アカウント